大富豪?お金持ち?株式投資?不動産投資?外国為替投資?っていう あなた ,一緒に最初の一歩を踏み出そう!


株式投資でリッチ! 〜 投資の神様に学ぶ 〜




株式投資をする人で,ウォーレン・バフェット氏に関心を示さない人はいないのではないでしょうか?

ビル・ゲイツ氏に次いで,世界2位の大富豪ですよね.まさに投資の神様です!

長期投資家として知られる彼の投資理念です.

株で富を築くバフェットの法則 ロバート・G・ハグストロームJr(著)より


・理解できない業種や,強くない分野には手を出さない. 

 ↑ うんうん,納得.

・持ち株を数社に絞れば,リスクを大いに軽減できる.

 ↑ 分散投資ってよく聞くけど..あれれ..

 ただし,調査がより慎重に,そして完全を期して行われること,という前提がつく.

 ※実際,普通株の保有額の75%はわずか5銘柄で占められているらしい.

・一時的業績不振,株式市場全般の不振により割安となっている企業,それも優良企業に投資する.

 
↑ バリュー株投資だね.

・相場の動向,経済,金利,政局見通しなどにも気を配らない.

 ↑ 株を持つと気になって仕方ないんだよね..


あなたはどうですか?


そんなバフェット氏が二人の恩師と崇めるのがベンジャミン・グレアム氏とフィリプ・フィッシャー氏.

彼自身,「私は,15%がフィッシャーで,85%がグレアムだ」と言っている.


グレアムとフィッシャーの違いは明らかで,

数量的分析家のグレアムは,
計量できるもの(固定資産や利益,配当など)を重視し,割安株買いに関心を示した.

リスクを避ける方法として
分散投資を勧めた.

一方,フィッシャーは,企業価値を高めると考える将来の見通し,経営力などの要素を重視し,

長期的に見て,
実態価値を増やす可能性のある企業への投資に重点を置いた.

そして,
わずか数銘柄というように
銘柄数を絞った


そんな彼らについても見てみましょう!


投機と投資
 ベンジャミン・グレアム

バフェット氏の恩師であるベンジャミン・グレアム氏によると投資と投機の定義は,

「その対象ではなく取引する者の意図」であり,

投資行動とは,徹底した分析のうえで,元本の安全性と,満足のできるリターンを約束するものであり,

これらの条件を満たさないものは
投機である.


同時にここで彼の言う投資とは,分散投資を前提としている.


徹底した分析とは,

確立された原則と,筋の通った理論に照らし,結論を導くために手に入る事実,要件を慎重に検討することとし,

さらに,

分析とは
段階からなる.第一に
定義・類別,第二に比較・検討,そして第三に選別・選択である」としている.

投資対象として,あるレベルの安全性と,ある程度満足できるリターンがある,ということが条件となるが,

この
安全性は,絶対的な条件ではなく,通常の状況下では損失を免れる,というのが投資対象としての安全性だと説く.

満足できるリターンとは,期間収益に値上がり益をプラスしたもの,としている.


抑制の効かない
楽観主義の行き先は狂気であり,狂気の主要な性質は,歴史の教訓を忘れることである.

彼によれば,投資には二つのルールがある,

一つは「損をするな」であり,もう一つは「第一のルールを忘れるな」である.


またグレアム氏は,市場に置ける株価についてこうも言っている.


第一に市場の株価は間違った水準にあることが多いが,

これはほとんどが
恐怖,貧欲といった人間心理が原因となっている.

楽観的なムードが高まっているときには,貧欲さがそれに加わって,

株価は
実態価値を超えて高騰し,割高券を突き進む.

一方,別のとき,恐怖心が株価を実態価値の水準を通り越して下落させ,下げ過ぎの相場になる.

第二の想定は,統計でいう中間点への回帰である

ローマの詩人ホラチウスの言葉,

今,失意に境にある者の多くは復活し,日の当たるところにいる者には落魄が訪れるだろう

ということだ.


投資家は,弱気相場のときにこそ,市場にある自立反騰力を利用して利益を上げることができる,

というのがグレアム氏の信条である.


フィリプ・フィッシャー氏

フィッシャーが最も注目したのは,業界の平均を超える効率で売り上げと利益を伸ばしていく企業の能力であり,

1)幸運に恵まれていることに加えて企業力が優れている.

2)企業力が優れているので幸運に恵まれる.

ことを挙げている.

研究開発についての企業努力が平均を超える売上高成長率を維持していくうえに大きな力がある,

とフィッシャー氏は言う.

加えて,売り上げに結びつける
販売システム利益率,およびそれを維持・改善しようとする企業の姿勢

そして最後に,
管理会計のシステムである.

また,フィッシャーは経営者にも重点を置く.

優れた経営者とは.日常の業務に注力すると同時に,長期計画を実行していく能力を持っている.

次いで経営者に要求されるのは,企業に対する
券審査誠実さである.

また,従業員と良好な関係を作り出す能力も挙げている.


平均的な企業の株を多く持つより,少数の代表的な銘柄に絞ったほうがよいと言い,

通常,彼のポートフォリオ
一桁の数の銘柄しか入っていない.

しかも,3〜4銘柄で全保有額の75%を占めている.


投資家が成功するために行う必要のあることは,ほんのわずかだと言う.

自分がよく知っている範囲の企業を選ぶ」ということだ.

たくさんの卵をいくつものバスケットに入れたのでは目が届かなくなって,

よく知っている株が少し,あとはあまり知らない銘柄ばかり,ということになりかねない.


つまり,

徹底的に調べることなしに株を買うリスクは,分散が足りない場合のリスクより大きい


ということである.


※う〜ん,なるほど...


■ウォーレン・バフェット氏をもっと知りたいあなたに!

バフェットの法則
ロバート・G・ハグストロームJr
億万長者を目指す
バフェットの銘柄選択術

メアリーバフェット
バフェットからの手紙
ローレンス A カニンガム
 
バフェットの
ポートフォリオ

ロバート・G・ハグストローム
バフェット投資の神髄
ロバート・G・ハグストローム
最高経営責任者
バフェット

ロバート・P・マイルズ
 
ビジネスは人なり
投資は価値なり

ロジャー・ローウェンスタイン

Click Here!
ゼロから始めるお金持ちへの道 TOPページへ
ゼロから始めるお金持ちへの道 検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ! アクセスアップ・SEO対策
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO